武州住康重

武州住康重(ぶしゅうじゅうやすしげ)。
室町時代末期から現在の八王子市恩方やその近郊に住んでいた鍛冶群は下原(したはら)鍛冶と呼ばれていました。ですのでその作は「武州下原刀」になります。下原鍛冶の祖は山本但馬周重(やまもとたじまちかしげ)と言われています。下原鍛冶は大映年間の山本但馬周重に始まります。その子供は小田原の北条氏康の「康」の字をもらい「康重」と名乗ったそうです。このことからも北条軍の需要に応える一群であったということがわかります。しかし、後の関ヶ原の戦いになると北条氏から徳川氏に鞍替えし徳川方の需要に応えたそうです。その褒美として徳川家康の「康」の字をもらい「康重」としたという資料も残っており、言い方はなんですが、どちらにしろラッキーだったと言えるのかも知れません。北条は滅亡し、徳川が天下をとったわけですから。その後は徳川氏の御用鍛冶となり、幕末まで刀槍類の制作を続けていくことになったそうです。康重は作刀だけではなく、野鍛冶として農耕具の刃物も打っていたそうです。
北条氏が庇護した武州下原刀は多摩地区の郷土刀となります。ですので北条氏輝が戦国時代支配していた地、福生地域が八王子からさほど遠くないのでこちらの八王子からさほど遠くない福生市郷土資料室に収蔵されており、福生市郷土資料室には下原万の展示コーナーがあるそうです。康重作ですと、太刀と脇差が展示されているそうです。「五箇伝」以外にも刀鍛冶群は全国津々浦々にありました。その多くは刀だけでなく鑓だけなく、農耕具も打っていたそうです。その形跡は各地に残っているそうなので、全国の収蔵されている郷土資料室や博物館を尋ねるのも楽しいのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です