日本刀と技術

刀を用いた技術というものは一日にして成るものではなく、鍛錬を長い目で見て積み重ねていくことで得られるものであり、簡単には手に入るものではない、ということをわかっておく必要があります。そういう意味で、まずは実際にあなた自身がお店に入って、感覚的に気に入った方を選ぶことはもはや必要最低限の条件であるとも言い切ってしまっても、いいかもしれません。一般的に、数万円から数十万円程度のものがいわゆるエントリーモデルとして売られていることも多いですが、魅力的なものが見つかった場合は、お金に糸目をつけずに買ってみるのもいいかもしれませんね。とにかく、刀との出会いは人との出会いと同じで、とにかく一生に一度きりということもよくありますから、買わずに後悔することがないようにしておくことが、良いのではないでしょうか?日本刀はレプリカ的に量産していくことが難しく、安い品でもイッテンモノである場合も多々あるわけですから、できるだけ多くの専門店に足を運んで、どの刀を選ぶべきかどうかを相談などしてみるのが得策だと言えそうです。今後、鍛錬をお続ける限り一生使うことになるかもしれないものですから、妥協せずに選べたらベストでしょう。近年、スポーツや政治などの、様々な場面で盛んにメディアが「侍」を例えるようになりました。もちろん、これは字義通りの、昔通りの意味ではなく、侍のスピリッツをくんでいるということですが、大きなスポーツの国際大会や、様々な国内大会で活躍した選手に対して、称賛の思いを込めて「サムライ」という風に表現することは相当多くなってきたという感があります。まさに日本らしい表現方法のひとつであるともいえるでしょうし、その点では伝統的であるともいえるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です